白谷雲水峡~太鼓岩コース

白谷雲水峡

白谷雲水峡
白谷雲水峡

巨樹と苔が作り出す森の空間、
もののけの森の世界に入った気分になります。
自然と一体となり森林浴を楽しみながら、
ゆっくりと散策します。
所要時間:往復約5時間
登山歩行距離:往復約5km

 

白谷雲水峡~太鼓岩

太鼓岩からの宮之浦岳
太鼓岩からの宮之浦岳

江戸時代に使われていた楠川歩道(白谷雲水峡)
を通り、照葉樹林帯の森林浴を楽しみながら、
ゆっくりと登ります。
最後の急な坂を10分ほど上ると前方に奥岳の
大展望が飛込んできます。この気分爽快な絶景を
心ゆくまで、じっくりとお楽しみください。
所要時間:往復約6時間
登山歩行距離:往復約6km

白谷雲水峡 半日コース

半日コースは白谷広場~もののけの森の往復コースになります。
所要時間:往復約4時間
登山歩行距離:往復約4km

siratani
白谷雲水峡~太鼓岩コース

 


1 白谷広場

白谷広場
白谷広場

宮之浦から、12km 車で30分。
屋久島自然休養林(白谷地区)
白谷雲水峡 入口です。

入山には、森林整備協力金300円が必要です。

標高:800m 面積:424ヘクタール
トイレ、駐車場があります。


2 飛流おとし

飛流おとし
飛流おとし

白谷広場から、10分で飛流おとしの滝です。

花崗岩の割れ目に沿って流れる、長さ50mの滝です。

マイナスイオン たっぷりです!
滝のそばにベンチがあります。しばし休憩!

遊歩道沿いには、大小さまざまな滝があります。


3 さつき吊橋

さつき吊橋
さつき吊橋

楠川歩道と原生林歩道の分岐点です。
舗装された遊歩道はここまでです。
この先から、登山道です。

橋を渡ると、楠川歩道へ。
真っ直ぐ行くと、原生林歩道です。

※歩道といっても本格的な登山道です。

 

sub-240302
楠川歩道

登山道は、ピンクのテープを目印に歩きましょう。

写真は、楠川歩道です。

 

 

 

sub-240303
ヤクシカ

楠川歩道周辺では、よくヤクシカと出会います。
くれぐれも、エサをやらないで下さい。
そーと、観察しましょう。

たまに、「ピャーッ!」や「ピイッ!」と笛の様な声は、
シカさんが人などを見て驚いた時にあげる声です。


4 分岐

楠川歩道の石畳
楠川歩道の石畳

楠川歩道の石畳です。

江戸時代から杉を背負って、里の楠川集落まで歩いた道です。

 

 

 

 

sub-240403

数箇所の沢を渡ります。

水は清らかで軟水です。

雨天時の増水に注意しましょう。

 

sub-240404
原生林歩道と楠川歩道の分岐

原生林歩道と楠川歩道の分岐です。

 

 

 

 

 

sub-240406
くぐり杉

くぐり杉です。

くぐり杉をぬけると、白谷小屋入口です。

 

 

 

 


5 白谷小屋

白谷小屋
白谷小屋

分岐からすぐに白谷小屋が見えてきます。
無人小屋で、トイレ、水場、ベンチがあります。

マナーを守って、休憩しましょう。

 

 

 

7本杉
7本杉

7本杉です。
白谷小屋から5分です。

幹周り:8.3m  高さ:18m

上で7本の枝が出ています。

 

 

 


 

6 もののけの森

もののけの森
もののけの森

ジブリ映画「もののけ姫」のモデルになったことから
もののけの森と呼ばれています。

湿潤な空気が漂う、コケと樹木におおわれた
独特の空間です。

時間と元気な方は、辻峠~太鼓岩を目指しましょう!
ここから往復約1時間です。

sub-240602

 

 

 

 


7 辻峠

sub-240701
辻峠

辻峠 標高:979m
この先は、南に下ると、楠川別れ~大株歩道
~縄文杉になります。

案内板に沿って、約20分の急な登りを行くと
太鼓岩です。

 

辻峠の岩屋

辻峠から南に約5分下ると、岩屋があります。

体力・時間に余裕があれば、行ってみましょう。

 

 


8 太鼓岩

sub-240801
太鼓岩から望む宮之浦岳

案内板に沿って、約20分の急な登りを行くと
太鼓岩! 巨大な花崗岩の頂上です。

眼下に安房川と小杉谷渓谷!
正面には、九州最高峰 宮之浦岳です。

写真は3月下旬の宮之浦岳

雪が残っています。

sub-240802
春の太鼓岩

4月上旬の安房川と小杉谷渓谷方面です。

新緑と山桜がキレイです。

おすすめです!!